訪日旅行客にさまざまな角度から知ってもらう 黃玉雲:最も美しいポイントは田舎にある

想讓台日旅客認識不同角落 黃玉雲:最美的亮點在鄉村

Ettoday旅遊雲

記者/游琁如

不把開公司當成作生意,而把一切視為緣分的交會點!日盟國際商務有限公司總經理JOY黃玉雲,有18年日本交流協會資歷,於一年前成立公司。以台日互動業務為主軸,除了觀光業務,更期待可以透過公司,培育青年學習觀光才能,並讓更多人認識除了大城市外,台灣日本的鄉村美麗亮點。

会社をビジネスとして始めたのではなく、「縁」である。

日盟國際商務有限公司代表取締役社長JOY黃玉雲は18年間日本観光交流協会での経歴があり、1年前に現在の会社を設立した。

台湾と日本の双方向交流を主軸として、観光事業に加え会社を通じて、若者に観光のスキルを磨き、多くの方に大都市だけでなく日本の田舎の魅力を認知してもらうきっかけ作りをしている。


▲日盟國際商務有限公司總經理JOY黃玉雲。(圖/記者周宸亘攝)

▲日盟国際商務有限公司代表取締役社長JOY黃玉雲。(写真/記者周宸亘)

由前日本交流協會觀光擔當的黃玉雲與富士急台灣事務所職員高政能,共同成立的日盟國際商務有限公司。僅是成立一年的新公司,公司內部卻已負責新潟、鳥取、大分、愛媛等日本各區觀光推廣。黃玉雲擁有18年的官方資歷,離開日本交流協會後,經過時間沉澱,決定自己開公司推廣台日觀光交流業務。

元日本交流協会観光担当の黄玉雲は富士急台湾事務所の職員の高政能と共同で日盟国際商務有限公社を設立した。

創立1年目にすでに新潟、鳥取、大分、愛媛など日本各地の観光レップ代行業務を担当している。

18年間の経歴を持つ彼女は日本交流協会を辞めた後しばらくして、日台湾観光交流事業を展開することを決めた。

「過去以為離開交流協會斷掉的人脈,都回來了。」黃玉雲說,公司名稱取為「Kizuna 絆」,是因為緣分的牽絆,讓人不斷向前。日盟國際成立後,不少舊識的日本地區老闆一手拿祝福,一面拜託她幫忙觀光推廣業務,「感動一直放在心上。」

「交流協会を離れ,切れてしまうと思っていた人脈が帰ってきた。」彼女が会社名を”絆(Kizuna)”と表記したのは,人と人との強い結びつき、人は絶えず前進するのだという想いからついた名前。

会社設立後は日本各地の古くからの知り合いがお祝いしてくれるとともに、観光プロモーションを手伝ってくれと依頼があったそうだ。「その時の感動は今でも鮮明に脳裏に焼きついています。」と話した。

除了推廣各縣市觀光,黃玉雲決定將觸角延伸,培訓更多青年實習,培養觀光人才。暑假期間開放日本大學生至公司實內習,黃玉雲希望可以帶實習生拜會媒體,熟悉台日觀光推廣等細節,「年輕一代對觀光的認識、創意和興趣,可以延伸出更多想法。」

各県自治体の観光促進に加え学生インターンを実施し人材を養成する。

彼女はインターン生を連れマスコミ社を訪問し台日観光プロモーションについて知ってもらう。「若い世代の観光に対する認識,創意と趣味は,多くのアイディアを生み出すことができる」と話した。


▲廣結善緣,是黃玉雲經營公司的信念。(圖/記者周宸亘攝)

▲‘廣結善緣’とは黃玉雲会社経営の信念。(写真/記者周宸亘)

黃玉雲指出,台日觀光從早期的團體客群,到近年來自由行散客多,已面對觀光產業整體轉型,然而台灣旅客赴日旅遊,因為不熟悉他國語言及文化,常常發生「出洋相」行為,也導致旅客與業者糾紛多,「教育得從年輕一代開始,接觸更多國際觀的思維,未來能有更多友善的合作。」

初期の訪日観光は団体観光客から、近年は自由旅行が増え既に観光産業が変化しつつある。それに対し訪日台湾客は言語と文化に不慣れであるため失態をおかしてしまう場合もあり旅行客と業者間で葛藤も多かった。「若い世代から教育を始め、より国際的な考え方に接し、将来的にはより友好的な協力関係を持つ必要がある。」と話した。

希望可以開發更多新產品,讓旅客可以著眼於更多地區的深度旅遊。黃玉雲舉例,過去曾向旅行社老闆推廣瀨戶內海藝術季,一開始時慘遭拒絕,「對方跟我說,他想賣路邊攤,不想賣僅有部分人逛得起的百貨公司。」經過奔走後,瀨戶內海藝術季成功受到台灣旅客喜愛與重視,也打開新的旅遊市場,後續黃玉雲又接手大地藝術季等地方性觀光,「當旅行社老闆跟我說謝謝的時候,真的很開心,能讓其他人認識更多好的地方。」

もっと多くの新製品を開発したい。旅行者がより多くの分野で観光に集中できるようにしたい。

例えば過去に旅行会社の社長に瀬戸内国際芸術祭を宣伝したが最初は断られた。「社長は私に一部の人しか行かないようなデパートではなく道端の屋台を売りたいと言った。」

奔走した後、瀬戸内海芸術祭は台湾旅行客たちに評価を受け、新しい観光市場も開拓、その後彼女は大地芸術祭等地方の観光を引き継いだ。「旅行会社の社長が私にありがとうと言ったとき、私は本当に幸せで、他の人にもっと良い場所を知ってほしい」と語った。

黃玉雲回憶,過去18年的官方資歷,都是重在無資金的義工式推廣,開公司之後才認識不同思維方式,也靠過去人脈,才能支持公司營運,「『廣結善緣』對我來說真的很重要。」黃玉雲說,未來期待讓台日觀光更具體化,不再只推廣大城市,「台灣或日本的鄉下地方,都有很多美得讓人讚嘆的亮點,希望旅客能彼此認識。」

彼女は過去18年間の経歴はお金のないボランティア活動に焦点を当てていたことを思い出しました。会社設立後は考え方が異なり、過去の人脈を通じてこそ、会社を運営することができ、‘廣結善緣’広く善縁を結ぶ’が私にとって本当に重要だったと語った。

「大都市だけでなく台湾や日本の田舎は感嘆するほど美しい。より多くの人に魅力を知ってほしい」と話した。

/通過: In,

秋田縣〡秋田的冬季魅力

神奇的樹冰 秋田的冬季是非常適合遊玩的季節,不僅有「寒冬限定」的日本三大樹冰之一「森吉山樹冰」,縣內各地都有輕飄飄的粉雪滑雪場,可受滑雪和滑雪板等冬季運動。森吉山標高…
0 回復

發表評論

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

分享文章

評論